ブログトップ

まさひろ情報エクスプレス

imawadoko.exblog.jp

ピアニスト・斎藤雅広のコンサート・スケジュールです!更新遅れたらごめんなさい(笑)

2012年1月~3月

●2012年は斎藤雅広はデビュー35周年を迎える。それを記念しデビューリサイタルのライヴ録音「斎藤雅広デビュー35周年記念盤/1979年のリサイタル(ラフマニノフ/シューマン/ショパン) 」がリリース(ナミ・レコード:WWCC7699)され、各紙で取り上げられて大きな話題となり存在感を大きくした。またソニー・ダイレクトからクラリネットの赤坂達三とのCD「ザ・スーパー・デュオ/二人でお茶を」もリリースされた。

1月は月刊「ショパン」特集記事に登場、9日は愛媛・松山ひめぎん・ホールでファミリー・コンサート「アラウンド・ザ・ワールド」第3回目のコンサート(共演:【CL】赤坂達三【S】塩野泰子【MS】豊田千恵子【T】高野二郎)、14日は文京シビック大ホールにてザ・スーパー・トリオのニュー・イヤー・コンサート(共演:【S】足立さつき、【CL】赤坂達三)を行う。また15・16日は高松でレクチャー、22日は昨年度の大好評を受け、銀座・山野楽器のイヴェントでワンポイントレッスン(5名限定)。

2月は10日に武蔵野市民文化会館で、ラトルなどに認められた稀に見る重量級のソプラノとして有名歌劇場で主役を歌いベルリン・フィルとも共演するオーストラリアのソプラノ、ミランダ・キースと共演、14日は福山ニュー・キャッスル・ホテルでザ・スーパー・トリオ(共演【S】足立さつき、CL】赤坂達三)のスペシャル・ディナー・コンサート、25日は大好評につきヴィオラの奥村英樹と戸塚・男女共同参画センター横浜にてデュオ・コンサートが再々演、また月刊「ショパン」3月号の特集「この春夏、絶対聴きたいピアニスト」の日本人ピアニストのコーナーにインタビュー記事が掲載。

3月は大阪フェニックス・ホールの情報誌「Salon」春号にエッセイが掲載、3日は「アプマロの会」主催の公開レッスン、11日と23日は富士のロゼ・コンクールの審査、20日は武蔵野市民文化会館でミラノ・スカラ座で活躍しムーティに認められ共演を重ね、ザルツブルグ音楽祭にも出演するイタリアのソプラノのエレナ・モンティと共演、24日はクラリネットの赤坂達三と新潟にてコンサート、また27・28日は高松でレクチャー、31日は東京銀座・ヤマハホールでソロ・リサイタル、「親と子のためのリモート・ライヴ」で浜松のホールとの二元ライヴが行われ、新聞各紙に記事が掲載、大きな話題になる。またCD「展覧会の絵」「マイ・ロマンス」がこの週のヒット・チャート「クラシックアルバム部門」で1位と2位を記録した。
[PR]
by masapiano | 2012-01-01 00:00 | 2012年 1月、2月、3月